共通している

sina (2)一緒にいると落ち着く男性を見つけました。
趣味が共通しているのもありますし、考え方が割と同じだったからかもしれません。
落ち着くという感情は安心感にも繋がりますし、自分にとっての味方が一人増えたような感じがします。
その彼は何事も共感してくれる人でした。
私が喜べば彼も喜んでくれて、しかも、彼自身も嬉しいことがあった時には全身で表現するような人でした。
なにか悩みがあれば親身に聞いてくれますし、お互いに納得がいかないことがあれば、それを理解し合える感じでした。
感情を共有できるというのは初めてでした。
だからこそ、「この人ならどんなことがあっても大丈夫だ」おt感じられたのだと思います。
恋愛としては漠然としすぎているのかもしれませんが、それで良いと感じていました。
付き合うきっかけは私の告白からでした。
女性はやはり告白されて付き合うのが理想的だという友人もいましたが、それで良かったんです。
もう少し待っていれば相手から告白されるだろう・・・という友人もいましたが、駆け引きできないところまできていました。
彼は驚いたかもしれませんが、楽しい日々が続いています。
感情がとてもしっかりとしている恋愛なので、こんな感じは初めてです。

笑ってくれる彼

初めて会った時の彼の印象はすごく笑わない人でした。
気取っているというわけではないのですが、とにかく笑うのが下手という感じです。
なんだか部分があるような感じがして、すごく気になり始めました。
最初話した時には、彼の方が警戒心が強い感じがしました。
人付き合いが苦手なのか、もしかしたら私?と思うときもありました。
とりあえず慎重に話しかけました。
普通なら面倒くさいことはしたくないタイプなのですが、気になるという気持ちがそうさせたのだと思います。
それから彼は一言二言話すようになりました。
進展したことが嬉しくて、彼の内心も聞けるようになりました。
それからは彼を笑わせたいという気持ちが強くなりました。
何をしたら笑ってくれるのか、彼のことばかり考えていました。
この時点で明らかに恋愛感情がかれに対して芽生えていたと思います。
もしかしたら気分を悪くするかもしれませんが、彼の言う過去の話をプラス思考の意見で話を繰り返しました。
それを続けているとポジティブすぎたのかなんなのか、「面白い子」と言って笑ってくれました。これは本当に嬉しかったです。
笑ってくれたという事実に感動すら覚えました。
喜んでいる私をみて彼もすごく驚いている様子でした。
彼と付き合うようになったのはこのあとからです。
「こんな俺で良ければ・・・」これが彼と付き合うきっかけになりました。